FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

菊池桃子プレミアム・コレクション BRAND [DVD]  


菊池桃子プレミアム・コレクション BRAND [DVD]

1980年代に活躍したスーパー・アイドル菊池桃子。彼女のアイドル時代の集大成ともいえるBOX企画第2弾が登場!DVD3枚+CD3枚+特典映像ディスク1枚組。

【アダルト用語集】 オナニー 無修正 盗撮 パイパン フェラチオ


▼プロフィール スリーサイズ等を見る▼


菊池桃子



内容紹介

大好評の「菊池桃子プレミアム・コレクション」第2弾! BOXのジャケットは第1弾『LEGEND』同様、菊池桃子本人によるオリジナルフラワーデザイン。
DVD3作品には、収録作品について菊池桃子本人が語る想い出などを映像特典として収録。CDは、第1弾BOX『LEGEND』に収録されなかった3枚のアルバムとシングルスをデジタル・リマスタリング盤で完全収録。話題をさらったラ・ムーや、本人がセルフプロデュースした'91年のアルバム『Miroir―鏡の向こう側に―』も収録。 5,000セット生産限定!

【収録内容】
●DVD
1. LIVE 「KIKUCHI MOMOKO in LIVE FANTASY」(1986年2月15日、武道館)
2. 映画 「アイドルを探せ」(1987年公開)
3. TBS系ドラマ 「放浪-さすらい-」(1986年5月28日オンエア、初商品化)
4. 《特典ディスク》
・MOMOKOアンソロジー(デビューからアイドル時代の想い出を、シングルやアルバムの作品ごとに振り返る回想録)
・PV&スポット
・二十歳のパーティ記念・特製ビデオ『Celebration of Momoko's 20th Birthday』

●CD
1. 1987 SINGLES & 『ESCAPE FROM DIMENSION』 ( 「卒業記念 菊池桃子ピアノオーケストラ作品集」を抜粋収録。)
2. 1988-1989 [RA MU] SINGLES & 『Thanks Giving』
3. 1991 ORIGINAL ALBUM 『Miroir―鏡の向こう側に―』 (BONUS TRACK『渋谷で5時』(duet with 鈴木雅之) )



【アダルト用語集】 オナニー 無修正 盗撮 パイパン フェラチオ


素人無修正動画


このDVDを見た方の口コミ情報


ベスト盤はいくつかリリースされましたが、先に発売された「LEGEND」と併せてこれが完全版です。ベスト盤というか、全曲収録ですからね。
初商品化のドラマ「放浪-さすらい-」や、DVDに各作品についての本人コメントが収録されているところポイントです。

あと、なんといっても素晴らしいのが特典ディスクです。ファンでも初めて目にする映像が多いのではないでしょうか。特典ディスクの為にだけでも購入する価値があります。正にファン必携だと思います。


「LEGEND」に続き、1987年以降の楽曲と1986年以降の映像を集めた桃子集大成です。もちろん「RA MU」も完全収録。アルバムCDの収録の方法は「LEGEND」同様、シングルを除いた曲順ということで変わりませんが、この頃のアルバム構成は逆にシングルがアルバムの雰囲気と合わなかったりしていたので、今回はこの方法もいいかなと。

DVDもライヴ・TVドラマ・映画の3本を収録しているのは前作同様ですが、特典ディスクがなかなか良いです。
デビュー曲からのプロモーションビデオ集とテレビスポット集という貴重な映像のDVD化は大歓迎ではないでしょうか。

欲をいえば、あともう一点お忘れではないでしょうかと思う、カセットテープで発売された「MOMOKO’S ENTERTAINMENT」を特典CDで発表してもらいたいです。(←「LEGEND」に入れてもらいたかった)


収録されているのは菊池桃子の後期作で前期の作品を収めた「LEGEND」に比べ、商業的には下降線となった時期の作品です。特にRAMUの結成など、それまでの菊池桃子のキャリアを覆す様な迷走ぶりも見られた時期で、当時をリアルタイムで知っている私としても、あまり評価をしていなかった時期の作品でした。

それを今回聞き直し、正直驚きました。
やはり「菊池桃子」は「菊池桃子」でした。楽曲のクオリティの高さ、桃子さんの声質を最大限以下した歌唱方法、それは少なくともRAMUまで変わらずに存在していました。

特にRAMUのアルバム「Thanks Giving」収録作と、「青山Killerストーリー」は素晴らしく、短期間での解散を改めて残念だと思いました。

DVDは前作収録のものより楽しめなかったのが正直な感想ですが、スペシャルディスクは貴重な映像が多く、桃さんのファンなら見る価値ありの物です。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2011/02/19 05:14 ] 菊池桃子 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lhut.blog51.fc2.com/tb.php/242-47c2ee06


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。